リピーターを増やす美容・エステ業界のLINE活用方法

こんにちは!LINEマーケティングツール「KUZEN-LINK」編集部です。

本記事では、美容・エステ業界でのLINE公式アカウント活用についてご紹介します。

目次

美容・エステ業界でLINE公式アカウントを活用するメリット

美容・エステ業界でLINE公式アカウントを活用するメリットについてご紹介します。

LINEを介してランディングページから無料カウンセリングに誘導できる

LINE公式アカウントを活用することで、美容・エステ業界のランディングページから無料カウンセリングへと誘導できるメリットがあります

ランディングページを訪れるユーザーは、美容・エステ業界の商品やサービスに強い関心を持っている温度感の高い見込み客です。ランディングページにLINE公式アカウントのリンクや友だち追加のバナーを表示して動線を作っておくことで、見込み客をLINEへと誘導できます。

ページ離脱者に対しては、ポップアップを表示することにより、高い温度感を維持したまま美容・エステ業界のサービスへと誘導することも可能です。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEリッチメニューをタップするだけで美容・エステ業界の無料カウンセリングにアクセスできる

LINE公式アカウントには、リッチメニューというメニュー機能があります。リッチメニューは複数のレイアウトから選べるセルで構成されており、セル内に様々な機能やURLリンクを埋め込める仕組みです。

美容・エステ業界でLINEリッチメニューを活用する際は、無料カウンセリングのリンクをリッチメニューに埋め込むことで、見込み客をLINE公式アカウントから無料カウンセリングへとスムーズに誘導することができます。

成約後のコミュニケーションもLINEでスムーズに行える

LINE公式アカウントは、双方向のコミュニケーションが行えるSNSです。メッセージ機能だけでなく、チャット機能を活用すれば1対1のコミュニケーションを行うこともできます

美容・エステ業界でLINEのチャット機能を活用すれば、成約後のコミュニケーションもLINEで行える点がメリットです。顧客側の視点に立てば、LINE公式アカウントからすぐにサポートにアクセスできるので、利便性が高く顧客体験向上に繋がるメリットがあります。

加えて、LINEチャットによる1対1のコミュニケーションは、顧客にとって細やかで丁寧な対応という好印象になります。そのため、美容・エステ業界と顧客とのつながりといった、関係性作りにも役立ちます

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEのAIチャットなら美容・エステ業界の夜間対応やサポート対応の工数削減も可能に

LINEのチャット機能は、AIチャットを活用することで、美容・エステ業界のサポート対応の一部を自動化できます。頻度が高くパターン化されたサポート対応については、AIチャットを活用することで工数を削減させられる点がメリットです。

また、人的リソースが限られることにより、夜間対応ができなかったケースもあるでしょう。この場合でも、AIチャットの導入で夜間対応を自動化させられるため、美容・エステ業界の顧客満足度を向上に繋がります。

LINEセグメント配信で美容やエステに対する興味・関心を喚起できる

LINE公式アカウントのセグメント配信とは、属性(年齢・性別・地域など)ごとに異なるコンテンツ配信ができる機能です。

友だち登録後に、セグメント配信を行うことで、美容やエステに対する興味・関心を喚起できるメリットがあります。セグメント配信は、年齢などの異なる顧客グループごとに最適な内容のコンテンツ配信が行えるため、顧客満足度向上にも効果があります。

セグメント配信は美容・エステ業界のLINE公式アカウントのブロック率を下げる効果もある

顧客側の視点では、必要とする情報のみが配信されてくるため、LINE公式アカウントが便利なツールとなります。結果、美容・エステ業界のLINE公式アカウントのブロック防止に効果がある点も、セグメント配信のメリットです。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEの活用は美容・エステ業界の解約防止にも有効

LINE公式アカウントの活用は、美容・エステ業界で定期購入をしている顧客の解約防止にも有効です。

LINEは双方向のコミュニケーションツールなため、解約意向の顧客に対して効果的に引き止めを行えるメリットがあります。例えば、解約意向の顧客に対して、商品・サービスの正しい使い方や休止制度を伝えることが可能です。加えて、購入頻度や購入商品の変更といった手続きもLINEを通して行うことができます。

従来であればコールセンターへの架電が必要であった対応も、LINE公式アカウントを活用することにより、美容・エステ業界の利便性を向上させながら同時に解約防止も実現させられます。商品・サービスに対する不満を解消できるため、美容・エステ業界の顧客満足度向上も図れます。

美容・エステ業界でのLINE公式アカウント活用が重要な理由

美容・エステ業界でのLINE公式アカウント活用が重要な理由についてご紹介します。

美容・エステ業界はリピート(再来店)集客がマーケティング課題

美容・エステ業界においては、新規顧客獲得に加えて、リピート(再来店)集客も重要なマーケティング課題です。

LINE公式アカウントは、ランディングページにリンクを記載することで友だち追加を促し、美容・エステ業界の新規顧客獲得に役立ちます。しかし新規顧客獲得だけでなく、LINE公式アカウントは美容・エステ業界のリピート(再来店)集客にも有効なのです。

LINEは利用者が多く開封率も高い

LINEは、2022年6月末時点で9,200万人以上が利用しています。(出典:LINE for Business

つまり、LINEは他のSNSと比較しても利用者が多い、国内最大級のSNSということです。LINEは日本人の幅広い年齢層が利用しているコミュニケーションツールで、友達同士だけでなく、家族間や様々なグループの連絡にも用いられているインフラに匹敵する規模の利用者がいます。

加えて、LINEはスマホに直接メッセージ通知が届くので、確認するために開封されやすい点もメリットです。メルマガの場合、通知設定をしていなければメールの存在にも気付かず、そのまま受信箱の中に埋もれて開封されないリスクがあります。

なかなか効果が出にくいメルマガに対して、LINEは利用者も多く開封率も高いため、美容・エステ業界でLINE公式アカウントを活用するメリットがあるのです。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

美容・エステ業界のクーポン・ショップカード発行をLINEで行える

美容・エステ業界のクーポン・ショップカードも、LINE公式アカウントで発行することができます。リッチメニューにクーポン・ショップカードのリンクを埋め込むことで、来店時などにすぐ利用できる点がメリットです。

LINE公式アカウントを活用すれば、紙や物理カードでのクーポン・ショップカード発行にかかるコストを削減できます。加えて、クーポン・ショップカード利用の対応もLINEに置き換えられるため、人的リソースを抑えながら業務効率化が図れる点もメリットです。

LINEチャット機能は美容・エステ業界のプラン提案に活用できる

LINE公式アカウントのチャット機能を活用すれば、顧客に対して最適なプラン提案を行うこともできます。チャットを通じた1対1のコミュニケーションでのプラン提案となるため、顧客満足度が高い点もメリットです。

また、プラン提案についてはAIチャットの活用により自動化することも可能です。想定される会話内容から、AIが適切な応答やプラン提案を自動的に行います。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEの活用で美容・エステ業界の予約対応を効率化できる

美容・エステ業界の予約対応も、LINE公式アカウントを活用することで効率化させられます。例えば美容室の場合、架電での予約がメインだと、店員はお客様対応を中断して予約対応しなければなりません。これでは、お客様にも店員にも負担がかかり、質の高いサービスの提供からは遠ざかってしまいます。

ここでLINE公式アカウントを活用すれば、顧客はリッチメニューに埋め込まれた予約フォームをタップするだけで予約手続きができます。LINE公式アカウントのチャットでは予約の候補日を提示することもでき、Googleカレンダーと連携させたスケジュール管理が可能です。

LINE公式アカウントの活用により美容・エステ業界の店員は予約対応から解放され、お客様対応に集中できるため、業務効率化と顧客満足度向上に繋がります

LINEのリマインダー通知で予約日をお知らせできる

LINE公式アカウントには、リマインダー通知という機能があります。LINEのリマインダー通知を活用すれば、美容・エステ業界の顧客に対して、前日に予約日をお知らせすることが可能です。

LINEで蓄積した顧客情報を活用してさらにサービス向上を図れる

LINE公式アカウントの活用は美容・エステ業界の業務効率化やサービスの利便性向上だけでなく、顧客情報を蓄積できるメリットもあります。

さらに、蓄積された美容・エステ業界の顧客情報を効率的に管理できるため、データを活用しサービス向上に繋げられる点もメリットです。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEのID連携によって効率的な顧客データ管理ができる

LINE公式アカウントの友だち情報は、ID連携をすることで美容・エステ業界の顧客データと紐付けさせられます

ID連携していない状態では、LINEユーザーIDと美容・エステ業界のシステムはリンクしていません。そのため、顧客がLINE公式アカウントを友だち登録しても、美容・エステ業界のシステムでは同一人物とは判別されないデメリットがあります。これでは、美容・エステ業界の顧客情報を効率的に管理できません。

ID連携を行えばこのような問題を回避でき、LINE公式アカウントの友だち情報と美容・エステ業界の顧客情報をリンクさせた、効率的管理が実現できます。例えば、美容・エステ業界の予約システムがある場合でも、ID連携を行うことでLINE公式アカウントのリッチメニューから予約できるようになります。

LINEリッチメッセージとリッチメニューを活用してクーポン利用を促進

LINEリッチメッセージとは、写真や画像を使った視覚的効果の高いメッセージ形式です。美容・エステ業界の商品やサービスを、リッチメッセージで視覚的にアピールできるメリットがあります。

さらに、LINE公式アカウントのリッチメッセージとリッチメニュー組み合わせれば、相乗効果が期待できます。例えば、アピールしたい美容・エステ業界の商品やサービスの情報を、リッチメッセージで配信します。リッチメッセージを見て商品・サービスに関心を持った顧客は、リッチメニューからそのまま購入や予約にスムーズに進むことができるのです。

また、リッチメニューは期間を設定して出し分けられるため、時期に応じたキャンペーンのアピールにも有効です。リッチメッセージでクーポンの存在と美容・エステ業界の商品・サービスを伝えれば、クーポン利用の促進にも繋がります。顧客はリッチメニューをタップすればクーポンを利用できるため、利便性もマーケティング効果も高いです。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINE公式アカウント活用は美容・エステ業界のリピート(再来店)集客に有効です

美容・エステ業界でのLINE公式アカウント活用についてご紹介しました。LINE公式アカウントを美容・エステ業界で活用すれば、ランディングページから無料カウンセリングへと見込み客をスムーズに誘導できます。

加えて、成約後のコミュニケーションセグメント配信による美容やエステ業界に対しての興味・関心の喚起定期購入の解約防止効果も、美容・エステ業界でLINE公式アカウントを活用するメリットに挙げられます。

LINE公式アカウントを1つの窓口として、美容・エステ業界の商品・サービスに関するコンテンツ配信から、購買行動までをパッケージ化できます。顧客側にとっては、美容・エステ業界の商品・サービスの利用や購入するのに、LINE公式アカウントが便利なツールとなります。美容・エステ業界側にとっては、LINE公式アカウントの活用によって業務効率化図れるため、双方にメリットがあります

特にセグメント配信やAIチャットは、美容・エステ業界にも有用なLINE公式アカウントの機能です。しかし、そのままでは基本的な機能しか利用できないため、より高度な機能が必要なケースでは支援ツールのご検討をおすすめします。

LINEマーケティングツール「KUZEN-LINK」の詳細を見る

比較ツール7選