LINEでフィットネス会員を獲得?顧客を定着させる方法を紹介

こんにちは!LINEマーケティングツール「KUZEN-LINK」編集部です。

本記事では、フィットネス業界でのLINE公式アカウント活用についてご紹介します。

目次

フィットネス業界でLINE公式アカウントを活用するメリット

フィットネス業界でLINE公式アカウントを活用するメリットについてご紹介します。

見込み客をランディングページからLINE、さらに無料体験へとスムーズに誘導できる

LINE公式アカウントは、フィットネス業界の見込み客を、ランディングページから無料体験へと誘導する仲介役として機能します。

まず、ランディングページにフィットネス業界のLINE公式アカウントのリンクやQRコードを記載して導線を作っておきます。この手法はLINE公式アカウントの友だちを増やす施策にも有効で、キャンペーンやクーポンを併用するとより効果的です。

ページ離脱者に対しては、ポップアップ表示でLINE公式アカウントへの移動を促せます。LINE公式アカウントは、フィットネス業界の見込み客の高い温度感を保ったまま、LINEに誘導することが可能です。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEリッチメニューなら無料体験もタップするだけで申し込みできる

ランディングページから、フィットネス業界のLINE公式アカウントに訪れた顧客は、そのままLINEで無料体験に申し込むことができます。ここで便利なのが、LINEリッチメニューという機能です。

メニュー機能であるLINEリッチメニューは、メッセージ画面の下半分に表示されます。リッチメニューはユーザー側で非表示設定にすることもでき、メニュー欄に並ぶセルをタップすることで、様々な機能にアクセスできるというものです。

リッチメニューのセルは、設定で大きさや数の構成を選択できます。セル内にはホームページといったWEBサイトのリンクの他、フィットネス業界の無料体験申し込みフォームのリンクを埋め込むことも可能です。

フィットネス業界の顧客はLINE公式アカウントを開き、リッチメニューをタップすれば、簡単に無料体験の申し込みを行えます。

このようにLINE公式アカウントには、フィットネス業界の顧客を、ランディングページから無料体験へとスムーズに誘導できるメリットがあります。

成約後の顧客に対してもLINE公式アカウントでコミュニケーションできる

成約後においても、フィットネス業界でのLINE公式アカウントの活用にはメリットがあります。LINEは他のSNSとは異なり、一方向的な情報発信だけでなく、双方向のコミュニケーションツールでもある点が大きな特徴です。

フィットネス業界のイベント情報の発信から予約までLINEで行える

LINE公式アカウントを活用して、顧客にフィットネス業界のイベント情報を発信できます。しかし、顧客全体にイベント情報を発信してしまうと、ニーズとのミスマッチが起きてしまうのが問題です。

顧客ニーズに合わないコンテンツ配信を頻繁に行えば、不快感を与えてしまうため、フィットネス業界のLINE公式アカウントのブロック率が上がってしまいます。

この場合、LINE公式アカウントのセグメント配信を活用することで、顧客ニーズに合わせたコンテンツ配信が可能です。LINEセグメント配信とは、属性ごとに分類した顧客グループごとにコンテンツ配信が行える機能です。そのため、顧客ニーズと発信する情報とのミスマッチを避けられます

加えて、イベントに興味を持ったフィットネス業界の顧客に対しては、リッチメニューに予約フォームのリンクを埋め込むことで導線を作れます。顧客にとっても利便性が高いため、顧客体験の向上の面でもメリットです。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEセグメント配信を活用してフィットネス業界の顧客ごとに最適なプラン提案ができる

LINEセグメント配信は、フィットネス業界のプラン提案にも活用できます。フィットネス業界では、複数のプランを用意するケースが多いですが、顧客はその中から自身にとって最適な選択をしなければなりません。

友だち登録後、セグメント配信を活用することで、顧客の年齢や性別に応じた最適なプラン提案が可能となります。こうした訴求は、フィットネス業界の会員契約を悩んでいる顧客に対しても効果的です。

LINEのチャット機能は1対1のコミュニケーションが行える

LINE公式アカウントには、チャット機能もあります。フィットネス業界においては、LINEチャット機能を活用することで、顧客と1対1のコミュニケーションが行えます

成約後のサポート対応についても、顧客はLINE公式アカウントからチャットにアクセスするだけなので、電話をかけるよりも利便性が高いです。加えて、チャットは同じテキストメッセージのやり取りでも、メールよりも遥かにテンポが速く即時性があります。

そのため、顧客は店舗やコールセンターでの電話対応と同じようなスピード感で、LINEチャットを利用できます。

また、AIチャットを活用すれば、一部の頻度の高いサポート対応や夜間対応を自動化できます。顧客の利便性を高めながら、同時にフィットネス業界の業務効率化も実現できるのが、LINE公式アカウントのメリットです。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

予約日候補の提示やGoogleカレンダーと連携させたスケジュール管理もLINEで可能

LINE公式アカウントのメッセージやチャット機能を活用して、フィットネス業界の予約対応を行うことも可能です。

LINEのメッセージやチャット機能は、フィットネス業界の顧客に対して予約日候補の提案を行うこともできます。LINE公式アカウントは、Googleカレンダーと連携させられるため、効率的にフィットネス業界のスケジュール管理が行えるメリットがあります。

LINEリッチメニューはクーポンの利用促進やショップカード忘れを防げるメリットがある

LINE公式アカウントの活用によって、フィットネス業界のクーポン利用促進や、ジムカードのデジタル化もできます。

LINEリッチメニューをタップすれば簡単にクーポンを利用できる

LINEリッチメニューに、フィットネス業界のクーポンのリンクを埋め込むことで、利便性向上と利用促進に繋がります。クーポン発行にかかるコストや手間、利用のための対応手続きも合理化できるため、フィットネス業界の業務効率化にメリットがあります

例えば、メッセージでクーポン情報を発信すると、それを見た顧客は少し目線を下げるだけでクーポンのリッチメニューが目に入るのです。利用するには、リッチメニューをタップするだけでなので、クーポン利用を促進させられます

LINEリッチメニューは設定で期間を限定できるため、季節やキャンペーンに応じて出し分けることも可能です。

スポーツジムの場合は、「雨の日クーポン」でLINEリッチメニューを活用するのがおすすめです。利用者の減りやすい雨の日限定で、無料のトレーナーサポートや、タオルといったアメニティの無料クーポンを配布します。

LINE公式アカウントならクーポンを利用しやすいため、雨などで天候の悪い日の当日にメッセージ配信しても、効果的に利用者を増やすことができます。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEリッチメニューを活用すれば物理ショップカードは不必要に

スポーツジムなどのフィットネス業界では、ジムカード忘れが小さくない問題です。顧客側にとっては、カード忘れによる再発行手続きや、利用できないといったトラブルがストレスになります。

加えて、フィットネス業界のスタッフにとっても、カード忘れのルール管理や再発行手続きへの対応が手間です。

ここで、LINEリッチメニューにショップカードのリンクを埋め込めば、フィットネス業界の物理カードを廃止できます。スマホさえあればいつでも会員証を提示できるため、カード忘れがなく、顧客にとっては利便性が高いです。

フィットネス業界のスタッフにとっても、会員証といった物理カードのデジタル化により、カード忘れの対応から解放されるメリットがあります。

フィットネス業界でのLINE公式アカウント活用が重要な理由

フィットネス業界でのLINE公式アカウント活用が重要な理由についてご紹介します。

フィットネス業界のマーケティング戦略とLINE公式アカウントの親和性の高さ

フィットネス業界でのLINE公式アカウントが重要な理由には、フィットネス業界のマーケティング戦略とLINE公式アカウントの親和性の高さが挙げられます。

LINE公式アカウントはフィットネス業界の新規顧客獲得に有効

ランディングページといったWEB広告でLINE公式アカウントをアピールすることにより、効率的にフィットネス業界の友だち登録を増やすことができます。

LINEに友だち登録した顧客に対しては、「あいさつメッセージ」という自動応答機能で、登録と同時にコミュニケーションをスタートさせることが可能です。

温度感の高いフィットネス業界の見込み客に対して、属性ごとのニーズに最適化されたコンテンツ配信を行い購買意欲を刺激します。

LINEリッチメニューにホームページや会員登録フォームのリンクを埋め込めば、高い温度感を取りこぼさずに、顧客を本契約まで誘導できます。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

フィットネス業界の顧客定着は最初の1〜3カ月の間がカギ

フィットネス業界では、成約後の1〜3カ月間が顧客定着のカギです。定着を成功させるには、この期間にいかに素晴らしい顧客体験を提供できるかが重要な課題となります。

LINE公式アカウントは、セグメント配信を活用することで、顧客ごとのニーズに応じた良質なコンテンツ配信が行える点がメリットです。ジムや設備の使い方、予約の方法やトレーニングの楽しさなど、フィットネス業界の継続的利用を促すための情報発信が可能です。

加えて、LINE公式アカウントのリッチメニューやチャットなど、各種機能を活用することでフィットネス業界のサービスのDX(デジタルトランスフォーメーション)化を促進させられます

LINEを活用したデジタル化により、利便性が飛躍的に増すため、フィットネス業界の顧客体験と顧客満足度向上にも貢献します。

LINE公式アカウントの活用でフィットネス業界の既存顧客にも効率的に訴求できる

LINE公式アカウントの活用は、新規顧客獲得だけでなく、フィットネス業界の既存顧客へのマーケティングにも有効です。

トレーニングや食事管理など、既存顧客をサポートするコンテンツ配信を継続的に行なえます。サプリメントやトレーニング関連器具、フィットネス業界のサービスなど、クロスセルを狙うのにも有効です。

LINEリッチメッセージを活用すれば、より効率的にフィットネス業界の関連商品やサービスを、既存顧客にアピールできます。LINEリッチメッセージとは、写真や画像を使った視覚的効果の高いメッセージ形式です。

LINE公式アカウントはセグメント配信を行えるため、顧客の利用レベルに応じて、ニーズに適したコンテンツ配信ができます。そのため、フィットネス業界の既存顧客に対しても、効果的なマーケティングが可能です。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINE公式アカウントはフィットネス業界のシステムと連携させた顧客管理が行える

LINE公式アカウントの活用は、サービス面だけでなく、フィットネス業界の顧客情報管理にもメリットがあります。

LINE公式アカウントのID連携のメリット

LINE公式アカウントは、ID連携を行うことにより、友だち情報とフィットネス業界の顧客情報を紐付けできます

ID連携を行っていない状態では、LINEユーザーIDとフィットネス業界のシステムは、それぞれ独立しており連携していません。そのため顧客が友だち登録しても、フィットネス業界のシステムでは、その顧客が同一人物と判別されないのです。

LINE公式アカウントのID連携を行えば、友だち情報とフィットネス業界のシステムは紐付けされ、連携した効率的な顧客情報管理が可能です。LINEで収集・蓄積された顧客情報も連携されるため、セグメント配信などに有効活用できます。

フィットネス業界でLINEのID連携を行うなら外部APIの活用がおすすめ

フィットネス業界においてもメリットの多いID連携ですが、実際に行うには注意点があります。LINE公式アカウントのID連携には、フィットネス業界のシステムに直接手を加える改修が必要です。これには改修コストの負担に加え、システムトラブルを招くリスクが伴います。

多くの企業のシステムは、顧客情報とシステムの重要な部分が近い構造のものが多いです。そのため、改修時に意図せずシステムトラブルに繋がる危険性があります。

こうしたLINE公式アカウントのID連携のリスク回避には、外部APIの利用がおすすめです。外部APIは、LINEユーザーIDとフィットネス業界のシステムの間に入り、両者の橋渡し役になります。

外部APIを利用することで、フィットネス業界の既存システムを維持したまま、改修せずにID連携を実現できる点がメリットです。ID連携の改修コストも抑えられ、システムトラブルのリスクも解決できます。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINE公式アカウントはフィットネス業界の多店舗運営にもメリットがある

LINE公式アカウントは、フィットネス業界の多店舗運営にもメリットがあります。LINE公式アカウントは、1つのビジネスIDで最大100アカウントまで作成可能です。

複数のLINE公式アカウントでフィットネス業界の各店舗に応じた活用ができる

複数のLINE公式アカウントを作成することで、フィットネス業界の各店舗ごとに最適なマーケティング行えます

例えば、各店舗のエリアに関連したイベント情報の発信や、地域ごとの顧客ニーズに応じたサービス提供に活用できます。クーポンやキャンペーンについても、よりローカライズさせられる点が、複数のLINE公式アカウントで運用するメリットです。

フィットネス業界では1つのLINE公式アカウントでの運用がおすすめ

複数のLINE公式アカウントでの運用にはメリットもありますが、店舗共通のコンテンツ配信には向いていない面もあります。

加えて、複数のLINE公式アカウント運用は、管理や煩雑で混乱しやすい点がデメリットです。複数アカウントの場合は、各店舗ごとにLINE公式アカウントの運用メンバーが必要になるからです。

一般的に、LINE公式アカウントの運用は、メイン担当者と複数の運用メンバーで構成されます。そのため、フィットネス業界の各店舗の横の連携で混乱が出やすく、店舗共通のアカウントに比べて管理が難しい部分があるのです。

LINE公式アカウントの運用・管理については、1つのアカウントの管理のしやすさと、複数アカウントのメリットの両立が理想的です。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINE公式アカウント活用でフィットネス業界のビジネスの可能性が広がります

フィットネス業界でのLINE公式アカウント活用についてご紹介しました。LINE公式アカウントは、フィットネス業界と新規顧客獲得と既存顧客、両方のマーケティングに有効です。

ランディングページから無料体験、さらに会員契約まで、LINE公式アカウントの活用によりスムーズに顧客を誘導できます。成約後についても、ニーズに適した対応ができるため、顧客の定着にもメリットがあります。

さらに、LINE公式アカウントが優れているのは、フィットネス業界のDX化を促進させられる点です。フィットネス業界のサービス利用において、顧客が煩わしいと感じていた部分を、デジタル化によって改善できます。LINE公式アカウントの導入により、フィットネス業界の顧客体験と顧客満足度向上が図れるのです。

フィットネス業界にも大きなメリットのあるLINE公式アカウントですが、その能力を最大限に活かすには、ID連携が欠かせません。このID連携をコストとリスクを抑えて行うには、外部APIの利用がおすすめです。

また、フィットネス業界で多店舗運営しているケースでは、店舗ごとに複数のLINE公式アカウントを作成できます。しかし、複数アカウントの運用は管理に混乱が出やすいため、1つのLINE公式アカウントで運用する方がおすすめです。この場合、支援ツールを使うと、1つのLINE公式アカウント運用と複数アカウント運用のメリットを両立させられます。

LINEマーケティングツール「KUZEN-LINK」の詳細を見る

比較ツール7選