ブライダル業界でのLINE公式アカウント活用

こんにちは!LINEマーケティングツール「KUZEN-LINK」編集部です。

本記事では、ブライダル業界でのLINE公式アカウント活用についてご紹介します。

ブライダル業界でLINE公式アカウントを活用するメリット

ブライダル業界でLINE公式アカウントを活用するメリットを、式前と式後に分けてそれぞれご紹介します。

[式前]式場を選ぶ際の不安や疑問を解消

LINE公式アカウントは、2022年6月末時点で、9,200万人以上が利用する、国内最大級のコミュニケーションツールです。(出典:LINE for Business

ブライダル業界でLINE公式アカウントを活用する際は、式場選びにおける顧客の不安や疑問の解消に役立つメリットがあります。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEチャットを通じて顧客の疑問を解決できる

LINEチャットは、LINE公式アカウントの代表的なコミュニケーション機能です。ブライダル業界においては、LINEチャットを活用して顧客の式場選びに関する不安や疑問の解消に対応できます

これまでもブライダル業界では、対面、電話、メールや資料などで、顧客とのコミュニケーションを図ってきました。LINEチャットはこれら従来の方法に比べ、スマホから直接アクセスでき、非対面であることから心理的負担も軽いです。そのためLINEチャットは、顧客にとって、ブライダルに関する些細な事柄も質問しやすいメリットがあります。

LINEのコミュニケーションを通じて顧客の信頼を獲得できる

ブライダル業界のマーケティングにおいては、顧客との情報のギャップを埋める施策が不可欠です。数ある中から式場を選ぶ顧客にとって、ブライダルについての知識・情報の収集や整理は大きな負担となります。加えて、ブライダルに関する知識・情報に乏しいことから、顧客は何が正しい選択なのかを判断するのが難しいです。

そのため、ブライダル業界の顧客は式前に不安と疑問を抱えています。競争が激化する昨今、ブライダル業界においては、こうした顧客の不安や疑問に寄り添う形のマーケティングが必要です。そして、この顧客とのコミュニケーションを円滑に進められるツールが、LINE公式アカウントになります。

LINE公式アカウントを通じたコミュニケーションで、ひとつひとつ丁寧に顧客の不安や疑問をヒアリングして解消することにより、顧客の信頼獲得に繋がるメリットもあります。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

[式後]継続的コミュニケーションでライフステージに合わせた配信からクロスセルを狙う

LINE公式アカウントは、ブライダル業界において式前だけではなく、式後のマーケティングにも大きなメリットがあります。

一般的に、既存顧客の維持に比べ、新規顧客獲得には約5倍のコストがかかると言われています(「1:5の法則」)。新規顧客獲得と既存顧客維持は、どちらもマーケティングにおいて重要です。しかしながら、既存顧客はすでにサービス・商品を購入していることから、自社に対して強い関心を持っていることを示しています。既存顧客は次回購入の可能性が高いため、訴求することでコストを抑えながら業績向上に繋げられる点がメリットです。

ブライダル業界においては、式後の既存顧客に対してLINE公式アカウントを活用したコンテンツ配信を行うことで、クロスセルを狙うことができます

LINE公式アカウントは、結婚式場の顧客情報と紐付けできるため、顧客のライフステージに合わせたコンテンツ配信が可能です。情報のミスマッチによる不快感を与えず、顧客が求める情報を配信できるため、ブロック率を下げる効果もあります

LINEはメールよりも開封率が高い点はブライダル業界にもメリット

LINEは、スマホに直接通知が届くため、メールに比べて開封率が高い点がメリットです。メルマガの場合、一方的な情報発信になりやすい上に、受信箱の中に埋もれてしまって顧客に気づかれないデメリットがあります。

その点LINE公式アカウントは、メッセージ通知をタップするだけでトーク画面が開かれます。そして、LINEのリッチメニューも合わせて活用することで、ブライダル業界の自社HPや各種サービスへの誘導もスムーズに行うことが可能です。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINE公式アカウントの活用により結婚式場自体のファン獲得に繋がる

LINE公式アカウントの活用は、ブライダル業界において顧客とのつながり作りも行えるメリットがあります。LINE公式アカウントはコミュニケーションツールですが、重要なポイントは双方向のコミュニケーションができる点です。

他のSNSと異なり、コミュニケーションを通じて顧客ニーズを把握する機会も得られます。フィードバックを繰り返すことで、コンテンツ配信のミスマッチを避けられ、サービス自体も顧客ニーズに応じたものにアップデートし続けることが可能です。顧客が不快にならず、かつ有益な情報だけを配信できるので、好印象を与えられるメリットがあります。

LINE公式アカウントは双方向のコミュニケーションにより、顧客とのつながりを作り、さらにその関係性を深められます。ブライダル業界においては、顧客とのつながり作りにLINE公式アカウントを活用することで、結婚式場自体のファン獲得に繋がる点がメリットです。

ブライダル業界でのLINE公式アカウント活用が重要な理由

ブライダル業界でのLINE公式アカウント活用が重要な理由についてご紹介します。

ブライダル業界のマーケティングは顧客情報の管理が課題

ブライダル業界のマーケティングにおいては、顧客情報の管理が重要な課題のひとつです。LINE公式アカウントを活用することで、効率的にブライダル業界の顧客情報を管理しながら、効果的なマーケティングを行うことができます

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINE公式アカウントのID連携を活用して顧客情報を効率的に管理

LINE公式アカウントは、ID連携を行うことで、ブライダル業界の顧客情報とLINEの友だち情報を紐付けすることが可能です。

結婚式場に訪れた顧客やランディングページから友だちを増やしたとしても、この状態ではブライダル業界のシステムでは同じ人物とは判別されません。それは、LINEの友だち情報を管理するLINEユーザーIDと、ブライダル業界のシステムに関連性がないためです。

ここでLINE公式アカウントのID連携を行うと、ブライダル業界のシステムに手を加えることなく、LINEユーザーIDと紐付けできます。ID連携により、ライダル業界の顧客情報と友だち情報はリンクされ、一括した顧客情報の管理が可能になります。

セグメント配信で顧客ニーズに合わせたブライダル情報を提供できる

LINE公式アカウントのID連携により、友だち情報とブライダル業界の顧客情報は紐付けされた状態になります。ブライダル業界の顧客情報を属性ごとにグループ分けしておけば、友だち情報とリンクしているので、属性ごとのセグメント配信が可能です。

例えば、顧客のライフステージごとにブライダル情報をセグメント配信することで、式後の効果的なクロスセルを行うことができます。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEにはあいさつメッセージなどの顧客にアプローチできる機能がある

ブライダル業界にとって、LINEのトーク率は懸念材料のひとつでしょう。友だち登録されたとしても、LINEで話しかけてもらえなければ、ブライダル業界からアプローチできず機会損失となってしまいます。

しかし、LINE公式アカウントは「あいさつメッセージ」を設定できるため、ブライダル業界側からのアプローチも可能です。LINE公式アカウントの「あいさつメッセージ」は、友だち登録に応じて自動メッセージを送信できる機能です。

友だち登録した顧客の関心の高さを逃すことなく、LINEの「あいさつメッセージ」を活用してブライダル業界からアプローチをかけ、トーク率を向上させられます

LINEのAIチャットや自動応答の活用でブライダル業界の夜間対応も可能に

ブライダル業界は結婚式という性質上、対面や電話による顧客とのコミュニケーションにより、人的リソースの負担が大きい点も課題のひとつです。

LINE公式アカウントは、チャットにより顧客とのコミュニケーションの窓口を増やす効果があるだけでなく、人的リソースの節約にも繋げられます。

AIチャットや自動応答機能を活用すれば、顧客対応を自動化させられ、夜間対応も可能になります。顧客が結婚式場への訪問とプランナーとの対面を望んでいる場合も、LINEのトーク画面で候補日を提示し予約まで行うこともできます。LINE公式アカウントはGoogleカレンダーと連携させられるため、結婚式場のスケジュール管理もLINE公式アカウントとリンクさせた効率的管理が可能です。

リッチメニューからよくある質問やホームページにアクセスできる

リッチメニューは、LINE公式アカウントの重要な機能のひとつです。リッチメニューはトーク画面のおよそ半分を占めるように表示され、セルごとに様々な機能を埋め込むことができます

ブライダル業界のケースでは、リッチメニューに結婚式場のホームページや、よくある質問などのリンクを埋め込むことでユーザビリティの向上が図れます。顧客はLINE公式アカウントのトーク画面という1つの窓口だけで、コミュニケーションから情報収集、さらに結婚式場へのアクセスといった様々なサービスが利用できるようになります。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINE公式アカウントの活用でブライダル業界の成約率アップが期待できます

ブライダル業界でのLINE公式アカウント活用についてご紹介しました。ブライダル業界においては、LINE公式アカウントの活用により、式前は顧客の不安・疑問の解消、式後は継続的コミュニケーションでライフステージに合わせた配信からクロスセルを行えるメリットがあります

ブライダル業界のマーケティングにおいては、コミュニケーションを通じてヒアリングを行い、顧客との情報のギャップを埋める施策が必要です。加えて、既存顧客維持のマーケティング施策も業績向上に欠かせません。コミュニケーションツールであるLINE公式アカウントは、ブライダル業界におけるこの両方のマーケティング課題の解決に活用できます。

しかしながら、結婚式場やプランナーごとに複数のLINE公式アカウントを運用する場合は、管理が煩雑になり混乱しやすいです。LINE公式アカウントはできれば1つで運用し、複数運用のメリットと両立させるのが理想的です。

加えて、セグメント配信も基本的なもののため、高度なクロスセルを狙う場合には機能的に不足するケースも出てくるでしょう。こうした場合には、支援ツールを活用すると、より効率的にLINE公式アカウントを運用できます。

LINEマーケティングツール「KUZEN-LINK」の詳細を見る

LINE公式アカウントの活用事例集を提供中!!