塾・スクール業界でLINEを活用するメリットとは?効果的な集客施策を分かりやすく解説

こんにちは!LINEマーケティングツール「KUZEN-LINK」編集部です。

本記事では、塾・スクール業界でのLINE公式アカウント活用についてご紹介します。

目次

塾・スクール業界でLINE公式アカウントを活用するメリット

塾・スクール業界でLINE公式アカウントを活用するメリットについてご紹介します。

見込み客をランディングページ→LINE→体験授業へとスムーズに誘導できる

ランディングページに訪れたユーザーは、すでに塾・スクールの授業やサービスに強い関心を持っています。こうした見込み客の温度感を維持したままLINEへ誘導するには、ポップアップを活用します。

ページ離脱者に対して、ポップアップ表示で塾・スクールのLINE公式アカウントの存在をアピールすると、スムーズにLINEへ誘導できます。また、LINE友だち登録キャンペーンなどの情報も併せてランディングページに掲載しておくとさらに有効です。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

リッチメニューの活用によってタップするだけでLINEから体験授業の申込みができる

LINEに誘導した顧客に対しては、リッチメニューの活用によって体験授業の申込みがしやすい導線を用意しておきます。LINEのリッチメニューとは、トーク画面のおよそ50%近くを占めるメニュー機能です(リッチメニューはユーザー側で非表示設定にもできます)。

LINEのリッチメニューは目的に合わせて構成を選択でき、セル内には塾・スクールの各種サービスやホームページへのURLリンクを埋め込めます。このリッチメニューに体験授業のリンクを埋め込めば、顧客はタップするだけで申込みできるようになります。

ユーザビリティ・顧客体験を向上させながら、同時にランディングページから体験授業の申込みまで、LINE公式アカウントを通したスムーズな誘導が可能です。

セグメント配信で本申し込みを促進

LINE公式アカウントは、ID連携することによってセグメント配信が可能になります。セグメント配信とは、年齢・性別などの属性で分類した顧客グループごとに、異なるコンテンツ配信ができる機能です。

LINE公式アカウントのセグメント配信の活用により、塾・スクールの顧客ごとのニーズに合わせた情報配信が可能となります。顧客にとっては求める情報のみが送られてくるため、授業やサービスのメリットを理解しやすく、塾・スクール業界の本申込み促進に繋がるメリットがあります

LINE活用事例集を無料ダウンロード

セグメント配信はLINE公式アカウントのブロック率を低下にもメリットがある

また、不要な情報が送られてこないため、顧客は塾・スクールに対して好印象を懐きやすく、LINE公式アカウントのブロック率を下げられる点もメリットです。

入塾後のコミュニケーションもLINEで円滑に行える

塾・スクールへの入塾後においても、LINE公式アカウントの活用にはメリットがあります。例えば、リッチメニューに問い合わせリンクを埋め込むことで、生徒と保護者はLINE公式アカウントを窓口にしてサポートにアクセスできるのです。LINE公式アカウントの活用による利便性の向上は、顧客側のメリットとなるため、塾・サービスの顧客満足度向上にも繋がります

LINEチャットの活用で1対1の問い合わせや授業に関する質問への対応も可能

また、LINE公式アカウントは、チャットによる双方向のコミュニケーションが行えるツールです。塾・スクールの生徒・保護者対して、チャットを活用した問い合わせ対応もできます。コールセンターのように、チャットで会話しながら1対1のコミュニケーションが行える点がメリットです。

LINEチャットを授業の補助サービスに活用すれば、生徒は自宅から講師に質問することもできます。すぐにLINEから質問できるため、疑問をすぐに解決できるのは生徒にとって大きなメリットです。加えて、生徒にとっては直接講師室を訪ねて質問する形よりも心理的負担がなく、LINEチャットはメールよりも即時性があるので利便性が高いです。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

塾・スクール業界でのLINE公式アカウント活用が重要な理由

塾・スクール業界でのLINE公式アカウント活用が重要な理由についてご紹介します。

少子化とコロナ禍により塾・スクール業界には新しい新規顧客獲得方法が必要

ベビーブーム世代が顧客の中心だった時代に比べ、近年は少子化の加速とコロナ禍の影響により、塾・スクール業界は少ないパイを奪い合う過酷な競争を勝ち抜かければならないビジネス環境です。

そのため塾・スクール業界では、新規顧客獲得方法やマーケティング手法についても時代に合わせた変化が求められています。これまで行われてきた、チラシの投函やメディアなどへの広告掲載といった新規顧客獲得方法から、スマホやインターネットを主軸にしたDX(デジタルトランスフォーメーション)が必要です。

LINEは保護者世代も多く利用している国内最大のSNS

塾・スクール業界のDXにおいて、最も活用しやすいのがLINE公式アカウントになります。LINEは、2022年6月末時点で9,200万人以上が利用している国内最大級のSNSだからです。(出典:LINE for Business

LINEは10代〜20代の若者層だけではなく、幅広い年代で利用されています。塾・スクール業界においては、生徒の保護者世代も利用しているため、マーケティングでのLINE公式アカウントを活用にはメリットがあります

また、LINE公式アカウントには複数のプランがありますが、無料プランでも月1,000通のコンテンツ配信が可能です。そのため、コストを抑えながら、LINEを活用して効果的なマーケティングを行うことができます

LINE活用事例集を無料ダウンロード

潜在層である見込み客の拾い上げにLINE公式アカウントは親和性が高い

LINE公式アカウントは、潜在層である見込み客の拾い上げもしやすいです。LINE公式アカウントを友だち登録した顧客は、塾・スクール業界の授業やサービスに強い関心を持っている温度感の高い見込み客だからです。

潜在層は塾・スクールに関する有益な情報を求めており、LINEを通して情報収集しています。塾・スクール側は、こうした潜在層に対してLINE公式アカウントでコンテンツ配信を行い、リッチメニューを活用することで顧客ニーズをスムーズに拾い上げられるのです。

さらに、セグメント配信を活用すれば、学年や地域ごとに適したコンテンツ配信を行うことができます。顧客ニーズに合わせた情報発信だけでなく、属性に応じた需要喚起にも活用できる点は、LINE公式アカウントのメリットです。

利便性を向上させながら同時に人的リソースの節約もできる

LINE公式アカウントが優れているのは、利便性を向上させながら、同時に人的リソースの節約もできる点です。顧客満足度の向上と業務効率化を両立させられるため、塾・スクールと生徒・保護者の双方にメリットがあります

セグメント配信は学年・クラスごとの一斉連絡にも活用できる

メールによる一斉送信は、受信箱に埋もれて開かれないリスクがあります。しかし、LINEはスマホに直接通知が届くため、塾・スクールの生徒と保護者は情報を確認しやすいです。

加えて、LINE公式アカウントのセグメント配信を活用することで、学年・クラスごとの一斉連絡も可能です。生徒・保護者への連絡にかかる工数を減らせるため、塾・スクール業界の業務効率化に繋がります

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEのAIチャットで問い合わせ対応を自動化

コールセンターと同様に、LINEのチャットによる問い合わせ対応にも、人的リソースを割かなければなりません。

しかしながら、LINEのAIチャットを活用すれば、頻度の高い問い合わせについては自動対応に置き換えることができます。AIチャットなら夜間対応も可能となり、人的リソースを節約しながら利便性を高められます。

LINEのアンケートを活用して塾・スクールのサービス向上が図れる

LINE公式アカウントが他のSNSと異なるのは、双方向のコミュニケーションが行えるツールという点です。LINEにはメッセージによるアンケート機能があり、生徒・保護者の声を直接聞くことができます

LINEのアンケートで見つかった問題点については、すぐにフィードバックできるため、塾・スクールのサービス向上に繋げられます

LINEのID連携で塾・スクールのデータベースと友だち情報を紐付けできる

LINE公式アカウントは、ID連携することにより、活用の幅を広げることができます。LINEユーザーIDと塾・スクール業界の顧客情報は、それぞれ独立したデータベースです。そのため、LINEで友だち登録しただけでは、塾・スクールのシステムでは同一人物と判別されません

ここでLINE公式アカウントのID連携を行えば、LINEの友だち情報と、塾・スクール業界の顧客情報を紐付けできます。そのため、塾・スクールのシステムにある属性に応じたグループ分けとLINEの友だち情報はリンクされ、セグメント配信が可能となるのです。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

効率的な顧客情報の管理・運用によりクロスセルも狙える

LINEのID連携により、塾・スクール業界の顧客情報をより効率的に管理・運用することが可能になります。これは、塾・スクールの新規顧客獲得だけではなく、既存顧客へのクロスセルにも有効です。

セグメント配信の活用により、学年・クラスに応じた講習やサービスの提案を行うことができます。例えば、夏期講習や冬期講習、オンライン授業の情報をLINEのリッチメッセージで配信します。

LINEのリッチメッセージとは、画像や写真で視覚的にアピールできるメッセージ機能です。リッチメッセージ加え、夏期講習や冬期講習、オンライン授業の申込みリンクをリッチメニューに埋め込むことで、相乗効果が期待できます。

LINEリッチメニューは表示期間を設定できるため、夏期講習や冬期講習など、季節や時期に合わせてリッチメニューを出し分けることも可能です。

LINE公式アカウントのセグメント配信による属性に最適化されたコンテンツ配信、リッチメッセージによる視覚的アピール、そしてリッチメニューによるアクセスのしやすさ、この3段構成で塾・スクール業界のクロスセルを狙うことができます

LINE公式アカウントの活用で塾・スクール業界のDXを促進

塾・スクール業界でのLINE公式アカウント活用についてご紹介しました。塾・スクール業界においては、LINE公式アカウントの活用で、ランディングページからLINE、そして体験授業の申込みまでスムーズに誘導できます。加えて、セグメント配信により本申込みを促進させられ、入塾後のコミュニケーションが効率的に行える点もメリットです。

少子化とコロナ禍により競争が激化している塾・スクール業界では、マーケティングのDX(デジタルトランスフォーメーション)が不可欠です。LINE公式アカウントは生徒と保護者の両方が利用しており、顧客満足度と業務効率化を同時に実現させられます。そのため、塾・スクール業界のDXにおいては、導入しやすく成果も出しやすいLINE公式アカウントの活用がおすすめです。

ただ、より高度なセグメント配信、AIチャットの活用に関してはLINE公式アカウントの基本機能だけでは不足します。そして、エリア・校舎ごとに複数のLINE公式アカウントを開設できますが、管理が煩雑になるため運用は1つのアカウントで行う方が望ましいです。LINE公式アカウントの基本機能を補強して、さらに効率的に運用したい場合は支援ツールの活用がおすすめです。

LINEマーケティングツール「KUZEN-LINK」の詳細を見る

比較ツール7選