自動車販売業界でのLINE公式アカウント活用

こんにちは!LINEマーケティングツール「KUZEN-LINK」編集部です。

本記事では、自動車販売業界でのLINE公式アカウント活用についてご紹介します。

自動車販売業界でLINE公式アカウントを活用するメリット

自動車販売業界でLINE公式アカウントを活用するメリットについてご紹介します。

LINEで試乗予約・点検予約ができる

LINE公式アカウントを活用すると、LINE上で試乗予約・点検予約が行えるメリットがあります。具体的には、LINEのトーク画面に試乗予約・点検予約のリッチメニューを埋め込みます。

LINEのリッチメニューは、トーク画面の半分近くを占めるメニュー機能です。セル内に様々なリンクを埋め込むことができ、ユーザーはタップするだけでサービスを利用できます。

自動車販売業界のケースでは、このリッチメニューに試乗予約・点検予約のリンクを埋め込むことで、顧客はLINEから直接サービスにアクセスできる点がメリットです。他にも、車検、タイヤ交換、オイル交換といったサービスのリッチメニューを、目的に応じて設定することもできます。

LINEのリッチメニューを活用することで、自動車販売業界のサービスの利便性向上を図ることができるため、顧客満足度の向上にも繋がります

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINE公式アカウントはGoogleカレンダーと連携させられる

試乗予約・点検予約のスケジュール管理の点についても、自動車販売業界でのLINE公式アカウント活用にはメリットがあります。

LINEでは、トーク上で試乗予約・点検予約の候補日を顧客に提示することができ、予約困難店のオンライン予約にも対応可能です。そして、LINE公式アカウントはGoogleカレンダーと連携させられるので、試乗予約・点検予約の効率的なスケジュール管理が行える点もメリットです。

在庫検索もLINEで可能

試乗予約・点検予約と同様に、リッチメニューを活用することで、自動車販売業界の在庫検索もLINEから可能です。顧客はトーク画面のリッチメニューから、タップするだけで在庫検索ページにアクセスできます。

自動車を探す行動から、その次の試乗予約や問い合わせまでがLINEという1つの窓口で完結するため、顧客にとっては高い利便性を感じられる点が大きなメリットです。自動車販売業界のLINE公式アカウント自体が、顧客にとって自動車を買うためのとても便利なプラットフォームとなります

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEはメール・電話よりも問い合わせしやすい

自動車販売業界での従来の問い合わせ方法は、メール・電話が主流でした。しかしメールは、フォームに氏名・住所・メールアドレスなどの個人情報を入力しなければならないものも少なくありません。電話についても直接会話しなかればならないため、メール・電話については顧客に心理的負担がかかり、問い合わせが面倒に感じられる点がデメリットとなっていました。

コミュニケーションツールのLINEは、友だち登録することで、メール・電話よりもフランクにメッセージのやり取りを行える点がメリットです。問い合わせを行う際も、リッチメニューからアクセスでき、フォームへの個人情報の入力は不要なため利便性が高いです。

LINEのチャットを活用すれば、電話で会話するようにコミュニケーションを取ることができます。LINEはメール・電話よりも気軽にメッセージのやり取りがしやすいため、顧客にとっては心理的に問い合わせしやすい点がメリットです。

自動車販売業界でのLINE公式アカウント活用が重要な理由

自動車販売業界でのLINE公式アカウント活用が重要な理由についてご紹介します。

LINEは他のSNSでは届かない見込み客のリード獲得に有効

国内最大級のSNSであるLINEは、2022年6月末時点で、9,200万人以上が利用しています。(出典:LINE for Business

SNSというと感度の高い若い世代の利用が多いという印象が強くあるかもしれませんが、LINEは幅広い世代で利用されているSNSです。そのため自動車販売業界においては、LINE公式アカウントを活用することで、他のSNSでは届かない見込み客のリード獲得に有効です。

例えば、自動車販売業界で高級車の顧客となるのは、所得に余裕のある40〜50代以上がターゲットになるでしょう。こうした年代には、すでに高級車に強い関心のある潜在的な見込み客がいるものの、自動車の情報を調べる時間に余裕がありません。

LINE公式アカウントは友だち登録することでコンテンツを配信できるため、LINEを開くだけで自動車販売業界の情報を手軽に取得できます。LINEは直接スマホに通知が来るため、メッセージが開かれやすく、メルマガように受信箱の中に埋もれて開かれないリスクも低いです。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEは自動車販売業界の顧客情報収集にもメリットがある

LINE公式アカウントを活用すれば、より効率的な顧客情報収集が行えます。ID連携を行えば、自動車販売業界の自社システムともリンクさせられるため、蓄積した顧客情報とLINEを連携させた運用が可能な点もメリットです。

自社サイトの会員登録を促したい場合も、LINEのリッチメニューにリンクを埋め込むことで、スムーズに行うことができます。

LINEのID連携により効果的なナーチャリングができる

LINE公式アカウントはコミュニケーションツールという性質のSNSであるため、自動車販売業界のナーチャリングにも有効です。見込み客の獲得からリピーターの育成は、自動車販売業界において重要なマーケティング課題のひとつです。

LINE公式アカウントは双方向のコミュニケーションが行えるため、一方的な情報発信だけでなく、顧客側のニーズを知る機会が得られるメリットがあります。フィードバックをサービス向上に繋げることで、LINE公式アカウントの利便性をさらに高められ、顧客体験・満足度の両方を向上させることが可能です。自動車販売業界の顧客にとって、LINE公式アカウント自体が便利なツールとなり、ナーチャリングの成功に繋がります。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

セグメント配信にはブロック防止効果も

LINE公式アカウントのID連携とは、LINEユーザーIDと自社サイトの会員登録情報を紐付けすることです。独立したシステムであるLINEと自社サイトですが、ID連携を行うことで、LINEの友だち情報と自社の会員登録情報をリンクさせられます。

ID連携することにより、自動車販売業界の顧客を年齢や性別など属性ごとにグループ分けした、セグメント配信が可能になります。セグメント配信を行うことで、属性ごとに最適化されたコンテンツ・情報の提供が行えるため、顧客満足度を高められる点がメリットです。

また、顧客ニーズとコンテンツのミスマッチも避けられるので、LINEのID連携によるセグメント配信にはブロック防止効果もあります

望まないコンテンツではないため顧客は不快にならず、むしろ常に有益な情報をLINE公式アカウントから得られるため、自動車販売業界のナーチャリングに効果的なのです。

LINEを通じたコミュニケーションは自動車販売業界のブランディングに有効

自動車販売業界におけるLINE公式アカウント活用は、マーケティングやプロモーションを目的とした直接的なコンテンツ配信やサービス提供だけではありません。LINEのコミュニケーションを通じて、顧客とのつながりを深める方向にも活用できます

自動車に直接関連していないコンテンツ配信を行うことにより、顧客からの親近感を得られ、企業と顧客という距離を縮めた友だちのような関係を築くことができます

例えば、自動車販売業界のスタンプを無料配布したり、クイズやゲームといったエンターテイメント要素のあるコンテンツ配信が効果的です。

自動車販売業界のファンを獲得することにより、ブランディングに繋がります。コミュニケーションツールであるLINE公式アカウントは、自動車販売業界のブランディングを目的とした活用についても親和性が高いです。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEは1対1のコミュニケーションに適している

LINEのチャット機能は、顧客との距離を縮めるのに大いに貢献します。他のSNSは一方的な情報発信になりやすく、顧客が自動車販売業界を身近に感じるのは簡単ではありません。

しかしLINEにはチャット機能があるため、顧客は友だちと会話しているかのような、1対1のコミュニケーションを体験できます。自動車に関する問い合わせといった内容も、LINEのメッセージから気軽に話しかけられるため、少ない心理的負担でサービスを利用できる点もメリットです。

AIチャットを活用すればLINEでの顧客対応を自動化できる

チャットというと、メール・電話と同様に人的リソースを割かなければならない点がデメリットに感じられるかもしれません。しかしながら、LINE公式アカウントは、AIチャットを活用することで顧客対応を自動化させられます。

1対1のきめ細やかな顧客対応がオンラインで可能なだけでなく、人的リソースの削減効果も期待できます。AIチャットであれば、夜間もLINEでの顧客対応が可能です。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEのリッチメッセージは視覚的にアピールしやすい

自動車という商材の性格上、顧客に対して視覚的にアピールすることも、自動車販売業界のマーケティングにおいては常に重要なテーマです。

LINEには、リッチメッセージという機能があり、テキストだけではなく画像・写真・動画をメッセージとして送信できます。自動車の写真やキャンペーンのイメージ動画、こうした視覚的に訴えたいマーケティングには、LINEのリッチメッセージの活用が効果的です。

同じく視覚的な効果があるリッチメニューと、リッチメッセージを組み合わせることで相乗効果が期待でき、顧客に対してより感覚的にインパクトのあるアピールができます。

LINE公式アカウントの活用により自動車販売業界の業績と利便性の向上を同時に実現

自動車販売業界でのLINE公式アカウント活用についてご紹介しました。自動車販売業界でのLINE公式アカウント活用には、LINEで試乗予約・点検予約、そして在庫検索が行えるメリットがあります

問い合わせについても、メール・電話に比べてLINEの方が利便性が高く、チャットの活用により1対1のきめ細やかな顧客対応が可能です。

自動車販売業界のマーケティングにおいても、LINE公式アカウントは顧客情報収集に役立ちます。さらに、LINEのID連携を行うことで、効率的なセグメント配信が可能となり、ナーチャリングにも有効です。LINE公式アカウントは、自動車販売業界の業績と利便性両方の向上に貢献するでしょう。

しかし、LINE公式アカウントのセグメント配信は基本的なもののため、より高度な機能を求めているケースには不十分です。また、店舗・地域ごとに複数アカウント運用も可能ですが、管理が混乱しやすいデメリットがあります。

この場合、支援ツールを活用すると、LINE公式アカウントを1つにまとめながらも複数アカウントのように運用できます。さらに、高度なセグメント配信も利用できるので、より効率的なLINEアカウント活用におすすめです。

LINEマーケティングツール「KUZEN-LINK」の詳細を見る

LINE公式アカウントの活用事例集を提供中!!