ホテル業界でLINEを使うべき理由とは?他SNSと徹底比較

こんにちは!LINEマーケティングツール「KUZEN-LINK」編集部です。

本記事では、ホテル業界でのLINE公式アカウント活用についてご紹介します。

目次

ホテル業界でLINE公式アカウントを活用するメリット

ホテル業界でLINE公式アカウントを活用するメリットについてご紹介します。

LINE公式アカウントはホテル業界の来店促進(集客)に有効

LINE公式アカウントは、従来のSNSに比べて顧客の利便性を飛躍的に向上させられる機能が備わっています。この点は、LINE公式アカウントと他のSNSとの大きな違いのひとつです。

LINEは単純なメッセージツールではなく、購買活動とリンクさせることで、ホテル業界にこれまでなかった顧客体験の提供を可能とします

LINEリッチメニューはキャンペーンやクーポンを集客に活用しやすい

LINEリッチメニューとは、メッセージ画面に表示されるメニュー機能です。このリッチメニューはメッセージ画面の50%近くを占め、ユーザーを視覚的に引き付ける効果があります。ユーザー側は、リッチメニューを自由に非表示設定することも可能です。

リッチメニューの大きな特徴は、タップするだけで様々な機能やURLリンクにアクセスできる点にあります。リッチメニューは複数のセルで構成されており、大きさなどの組み合わせはパターンから目的に応じて選択できます。

例えば、LINEリッチメニューにホテル業界のキャンペーン、クーポン・ショップカードのリンクを埋め込む活用方法が考えられます。

顧客は、LINE公式アカウントからキャンペーンページのアクセスでき、クーポン・ショップカードの利用もリッチメニューをタップするだけなので利便性が高いです。ホテル業界の従業員側も物理的なクーポン・ショップカードの発行や、フロントでの利用対応から開放されます

そのため、LINEリッチメニューはホテル業界の顧客体験を向上させ、同時に業務効率化にも貢献できる優れた機能です。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEリッチメニューは季節ごとの出し分けも可能

LINEリッチメニューは、設定によって表示期間を限定できます。加えて、複数の表示期間を設定できるため、ホテル業界の季節ごとのキャンペーンの出し分けにも対応可能です。

ホテル予約やホームページ・SNSにもLINEからアクセスできる

LINEリッチメニューには、他にもホテル業界の予約フォームやホームページ、SNSといったリンクを埋め込む活用方法があります。

ホテル業界のランディングページからLINEへの誘導、さらにLINEから会員登録への誘導もリッチメニューならタップするだけなので導線がスムーズです。顧客側も迷う点がなく、LINE公式アカウントという1つの窓口から、ホテル業界の多様なサービスにアクセスできます。SNSについても、LINEリッチメニューを活用することで、SNSのフォロワーを獲得しやすくなります。

使いやすいLINE公式アカウントは、ホテルを利用する顧客にとって、単純なSNSを超えた便利なツールとなります。顧客体験の向上は顧客満足度へと繋がるため、ホテル業界のリピーター獲得(集客)にも有効です。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINE公式アカウントでホテル近辺のイベント情報を発信できる

LINE公式アカウントは、メッセージ機能も優れています。ホテル業界でLINE公式アカウントを活用する際は、ホテル近辺のイベント情報やキャンペーンをLINEで発信すると、来店促進(集客)に効果的です。

LINEリッチメッセージは視覚的効果が高く効果的な集客ができる

LINEリッチメッセージとは、通常のテキストメッセージとは異なり、写真や画像を使った視覚的効果の高いメッセージ形式です。

ホテル業界でLINEリッチメッセージを活用する場合は、ホテル近辺のイベント情報やキャンペーンを、リッチメッセージで視覚的に訴求することが考えられます。通常のテキストメッセージよりも、LINEリッチメッセージの方が、写真や画像によって顧客がイベントやキャンペーンをイメージしやすい点がメリットです。

LINEリッチメッセージとリッチメニューを組み合わせればさらに効果的に集客できる

LINEリッチメッセージとリッチメッセージを組み合わせれば、相乗効果でホテル近辺のイベント情報やキャンペーンを顧客にアピールできます

LINEリッチメニューには、ホテル近辺のイベント情報やキャンペーンのリンクを埋め込みます。リッチメッセージを見た顧客は、ホテル近辺のイベントやキャンペーンに興味を持ちます。この時、同じ画面に表示されたリッチメニューをタップすることで、関連情報にアクセスできるのです。

リッチメッセージとリッチメニューの組み合わせが優れているのは、LINEのメッセージ画面だけで、訴求から顧客アクションが完結する点にあります。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEのセグメント配信を活用すれば属性ごとに最適なコンテンツ配信が可能

LINE公式アカウントには、セグメント配信という絞り込み配信機能があります。顧客を性別や年齢層などの属性で分類し、顧客グループごとに最適なホテル業界のコンテンツ配信が可能です。

LINEは利用者数が多いのでホテル業界のリピーター獲得にも有効

2022年6月末時点で、LINEは9,200万人以上が利用している国内最大級のSNSです。(出典:LINE for Business

10代・20代の若者層から、30代・40代、さらにシニア層まで幅広い年代で利用されている点もLINEの大きな特徴です。

他のSNSに比べLINEは利用者数が多いため、ホテル業界のマーケティング戦略においても大きなチャンスがあると言えるでしょう。

LINEで友だち登録しているのはホテルに興味・関心がある顧客か既存顧客

LINE公式アカウントは、ホテル業界でのマーケティング戦略でも特に重要な、リピーター獲得(集客)に有効です。

LINEで友だち登録した顧客は、すでにホテルに興味・関心がある顧客または既存顧客になります。LINEを通してホテル業界の情報を定期的に配信できるため、既存顧客に対して継続的に購買意欲を刺激することが可能です。

加えて、LINEのセグメント配信を活用すれば、顧客の属性に応じて最適なコンテンツを提供できます。LINEは、顧客ニーズに対して的確な情報を配信できるため、ホテル業界のリピーター獲得(集客)に繋がるのです。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEはメールよりも開封率が高い

メルマガの大きな問題点は、開封率にありました。メールは通知設定をしていなければ、ホテル業界からのメールに気付かず、受信箱の中に埋もれて開かれません。

一方で、LINEはスマホに通知が届く仕組みになっているため、メッセージが開封されやすいメリットがあります。ホテル業界のメッセージを確認すると、同時にLINE公式アカウントも開かれ、顧客はそのままリッチメニューから各種リンクにアクセス可能です。

そして、キャリアスマホのユーザーの多くが、日常的な連絡手段にLINEを利用しています。格安スマホユーザーは、そもそもキャリアのメールのアドレスがないため、さらにLINEの利用率が高いです。そのため、LINE公式アカウントを活用した方がホテル業界の顧客にとっても利便性が高いメリットがあります。

LINEはホテル業界と顧客のつながりや関係性を築きやすい

LINE公式アカウントは他のSNSに比べ、双方向のコミュニケーションが行える点に違いがあります。LINEのチャット機能は、その代表的な例です。

LINEのチャット機能は実際に会話しているかのように、テンポよくテキストメッセージでのやり取りが行えます。顧客にとっては1対1のコミュニケーションとなるため、丁寧な応対を受けていると感じやすく、顧客満足度を高める効果も期待できます。

本質的にはコールセンターと同内容のサービスですが、チャット機能はLINE公式アカウントからアクセスできるので、顧客にとっては電話よりも心理的負担が軽いです。

加えて、AIチャットを活用すれば、よくある質問(FAQ)といった部類の顧客対応を一部自動化することも可能です。

他には、LINEを宿泊後のアンケートに活用し、フィードバックからサービス改善に繋げられます。

LINEを通じたコミュニケーションによって、顧客はホテル業界のファンとなるため、ブランディングにも有効です。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

ホテル業界でのLINE公式アカウント活用が重要な理由

ホテル業界でのLINE公式アカウント活用が重要な理由についてご紹介します。

LINE公式アカウントはホテル業界の集客に必要な機能が揃っている

メッセージ、チャット、リッチメニュー、セグメント配信などは、LINE公式アカウントの代表的な機能です。

これらに加え、LINE公式アカウントには「あいさつメッセージ」や「応答メッセージ」といったホテル業界の集客に便利な機能が揃っています

「あいさつメッセージ」とは、ホテル業界のLINEを友だち登録した顧客に対して、自動で送信されるメッセージ機能です。「あいさつメッセージ」は内容を設定できるため、ホテルの魅力や友だち登録の感謝を伝えられます

そして、「あいさつメッセージ」は顧客とのつながり作りのきっかけとしても活用できます。LINEは友だち登録しただけでは、コミュニケーションのきっかけがなく、話しかけることが不可欠です。「あいさつメッセージ」は友だち登録と同時に送信されるので、顧客の温度感を保ったまま、コミュニケーションをスタートさせられます

「応答メッセージ」もLINEの自動応答機能で、顧客から話しかけられた際に、事前に設定した内容でメッセージを送信します。さらにLINEの「キーワード応答機能」を活用すれば、ホテル業界で頻出する「宿泊」や「予約」といったキーワードに対して、適切なメッセージの自動応答が可能です。

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINEの友だち情報とホテル業界の顧客情報を紐付けできる

LINE公式アカウントは、ID連携を行うことで、ホテル業界の顧客情報と紐付けできます。ホテル業界のLINE友だち情報と、会員情報をリンクさせた顧客情報全体の効率的管理が可能になります。

LINE公式アカウントの活用にも、顧客情報の収集・蓄積が行えるメリットがあります。しかし、ID連携を行えば、本来独立していたシステム同士を連携させられるのです。そのためID連携は、LINE公式アカウントを活用したホテル業界のサービスを、さらに一段高みへと引き上げます

LINEのID連携とセグメント配信の活用でホテル業界のブロック率を下げられる

ID連携により、友だち情報とホテル業界の顧客情報は紐付けされ、属性による顧客のグループ分けもより正確性を高められます。

同時に、LINEのセグメント配信の精度も高まるため、顧客ニーズに最適化されたコンテンツだけを提供できます。

LINE公式アカウントのブロック率が高くなる主な原因には、顧客ニーズとコンテンツ内容とのミスマッチが挙げられます。顧客にとって不必要な情報ばかりが送られてくれば、不快感によりLINE公式アカウントがブロックされやすくなるのです。

ここで、ID連携を行えばコンテンツ配信の正確性も高まるため、顧客は求めている情報のみを得られます。そのためID連携には、ホテル業界のLINE公式アカウントのブロック防止にも効果があります

LINE活用事例集を無料ダウンロード

LINE公式アカウントは効率的に友だちを増やせる

ホテル業界でLINE公式アカウントを活用するにあたって、まず課題となるのは友だち獲得です。LINE公式アカウントの友だち獲得には、顧客に対して導線を用意しておく点が重要です。

例えば、ランディングページやホームページにホテル業界のLINE公式アカウントの存在とリンクを記載しておきます。QRコードであれば、顧客はスマホで読み取るだけで友だち登録できるため利便性が高いです。ホテルのフロント付近にも、同様の形でLINE公式アカウントの存在と導線を顧客に示します。

ここで、LINEの友だち登録とクーポン・キャンペーンをセットにすると、より効率的に友だちを増やすことができます。LINE公式アカウントに不可欠な友だち獲得施策ですが、流れや成功の道筋が分かりやすい点はメリットです。

ホテル業界でLINEのID連携を低コストで行うなら外部APIの活用がおすすめ

ホテル業界でのLINE公式アカウント活用についてご紹介しました。ホテル業界でLINE公式アカウントの機能を最大限に活用するには、ID連携を行うことをおすすめします。

LINE公式アカウントのLINEユーザーIDと、ホテルの業界の顧客情報は、それぞれ独立したシステムだからです。ID連携を行わなければ、友だち登録しても、ホテルのシステムでは顧客が同一人物とは判別されない問題が生じます。ID連携は、こうしたリスク回避の点にも価値があります。

しかし、ID連携を行うには、ホテルの自社システムに直接手を加える改修が必要です。システム改修のリスクと、コストはホテル業界の大きな負担となるでしょう。

この場合、外部APIを利用すると、ホテルのシステムに手を加えることなく低コストでID連携が行えます。外部APIは、LINEユーザーIDとホテルのシステムの間で仲介役を果たします。外部APIにより、既存システムを維持したまま、LINE公式アカウントの機能を最大限に引き出すことが可能です。外部APIをお求めの場合は、LINE公式アカウントの支援ツールの利用がおすすめです。

LINEマーケティングツール「KUZEN-LINK」の詳細を見る

比較ツール7選